引っ越し費用を格安で済ませる方法とは?

社会人になり2年目のとき、新しい生活にも慣れてきたころ、自立を目的として一人暮らしを始めることにしました。

今までずっと実家暮らしをしていたので、部屋探しから、家具家電の購入、引っ越し、すべてが初めてでした。

買う予定の家具などの目星をつけてわくわくした気分で過ごしていましたが、いざ部屋を決めて引っ越しの準備が現実的に進んでいくと、
部屋契約の初期費用だけで30万円近くかかることがわかりました。

らに、家具家電をそろえると4~50万円は軽くかかってしまいます。

せっかく貯めた貯金がもったいないので、もう少し節約できるところはないか、初めて考えました。

初めての引っ越しで、一番節約できたこと

初期の家賃や敷金礼金は節約できないし、ほしい家具や家電はある程度めぼしをつけてしまっていたので、ケチりたくはないし…ではどこで安くできるか、一番最初に思いついたのが、引っ越し費用が安くできないかということです。

引っ越し業者各社に事前に見積もりを依頼していたので、単身の引っ越しでも、3~5万程度はかかることが分かっていました。

しかし、私が実家から運ぶものは、主に洋服や雑貨ばかりでした。

かさばりそうな家具や家電は新しい部屋で購入することになっていたので、実際の荷物はとても少ないものでした。

2tトラックでも乗せるスペースが余るくらい、荷揚げ、荷降ろしも1~2人いれば裕に終わる量でした。

そこで、車だけレンタルして、引っ越し業務は自分と友人に手伝ってもらってどうにかしようと思い付きました。レンタカーでレンタカー屋さんにさっそく連絡すると、2tトラック1台レンタルが8時間で1万円程度で借りられるとのこと。

実家から部屋までは往復でも2時間程度で行き来できる距離です。

延長の必要もなさそうなので、これなら業者に頼むよりも2~4万円近く安く済ませることができます。

さっそく友人に依頼し、レンタカーショップのサイトで予約をしようとしました。

そのとき、ネットでちょうど見ていた安い家具のネット販売のサイトである言葉を見つけました。

トラック無料貸与サービス

なんでも、ホームセンターで大きなものや重たいものを購入したお客さん用に、無料でトラックの貸し出しをしているというサービスとのこと。

店頭購入者であれば、誰でも利用できるとのことでした。

これがいい!とひらめきました。

引っ越し費用を格安で済ませる方法とは?

つまり、実家の近くのホームセンターで新しい部屋で使いそうなカラーボックスやタンスなどを購入し、無料サービスのトラックを借ります。

そのままいったん実家に寄り、運ぶべき荷物をそのトラックに乗せてしまう。

そこから新しい部屋へ移動する。

これであれば、車のレンタル代もかからずに、新しい家具を購入するついでに引っ越しを完了させることができるのです!

ホームセンターで、トラックの貸し出しについて詳しくルールを聞いてみると、購入品の限度額などはなく、

どんなものを購入した場合でも最初の2時間半は無料で利用できます。

その後は、30分延長するごとに500円の利用代がかかるとのことでした。

往復で2時間程度の距離なので、荷物を運ぶ時間や、ホームセンターから実家までの移動時間などを含めてもだいたい3時間程度で終わらせることができれば、

家具代+延長代なので、実質引っ越し代を1000円で済ませることができるのです。

トラックの無料貸し出しを行っているホームセンターは、島忠、ドイト、ニトリなどで、都内でも複数のお店を構えている業態です。

特にニトリは一人暮らしを始める時に必要なものが何でもそろっているので、家具や家電の購入ついでにトラックのレンタルができるので、一石二鳥です。

こうして、引っ越し代3~5万円で見込んでいた分を→1000円にまで節約することができました。

トラック無料貸出し利用の注意点

今回は、引っ越し距離が都内から都内と、比較的時間のかからない移動距離だったため、サービスの時間内でトラックを返却することができましたが、

もしも都内から県外など、遠距離での引っ越しを行う必要がある際には、ホームセンターの無料サービスを活用するよりも、レンタカーショップでトラックをレンタルする方が便利に安く引っ越しができます。

レンタカーには、乗り捨てというサービスがありますので、引っ越し先の近くのレンタカーショップに乗り捨ててしまえば、元の場所に戻しに行く必要はないので、時間を有効活用することができます。

状況に合わせ、各所で行っているサービスを有効活用することで、引っ越しにはまだまだ節約できるポイントがあります。

ぜひ、新生活をより理想的に始めるために、無駄を省いた引っ越しをしてみませんか?

コメントを残す

このページの先頭へ