引越し業者の赤帽のメリット・デメリット

3月は大学や専門学校進学、就職で他県に行くなどで、全国あちこちで引っ越しシーズンであったと思います。

バタバタしながらの引っ越し、新しい環境での新生活、4月というとそれぞれどの環境でもバタバタ落ち着かない雰囲気なのではないかと思います。

毎年4月のこの時期はどこもそうですよね。引っ越しの業者はあちこちありますが、以前私は赤帽を使ったことがありました。

もう6年近くも前になります。当時、勤めていた会社の寮に私は半年ほどいたのですが、そこから賃貸マンションへ引っ越しの際、利用しました。

今回は赤帽を使った体験、また引っ越しの際の準備として大事なことを書きたいと思います。

どちらかというと気さくで庶民的なおじさんタイプの人が多い

通常の業者のように複数のスタッフがきて運搬するのとは違い、最小限の人数で運搬作業をしているイメージです。

街中をよく赤帽のトラックを見かけますが、大型トラックではなく、中型タイプのトラックです。そして運転しているのは大体、中年のおじさんのイメージです。

単身の引っ越しに合っている

家族での引っ越しなどの場合、家具、荷物がかなり多い場合はちょっと厳しいかもしれません。

料金は比較的安いし、トラックの大きさなどからもやっぱり単身者向きかなと思います。

料金は確か約30000円くらいだった記憶です。私の場合は、当時いた会社の独身寮の玄関に、赤帽の広告の貼り紙があったことで赤帽を知りました。そういう面からも単身向きにぴったりの業者です。

不要なものは片付けの際、どんどん捨てる

今まで気にしていなかったけれども、引っ越しの準備で片付けを始めたら不要なものがたくさん見つかったという方いませんか?この際です。

不要なもの、たとえば衣類、日用品、使わない古くなった食器などはどんどん処分するのをお勧めします。

新しい部屋へいくのですから、新鮮な空気が入りこむように余計な物は処分です。

引っ越しは見積もりに始まり、あらゆる日用品の梱包、荷物運び、ガス、電気などの光熱費の再手続きなど、とにかくあちこちへの連絡、そして料金もそれなりにかかるのでいろいろな部分で重労働であります。これから引っ越しを考えている方、私の体験を少しでも参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ